家庭教師には個人契約と派遣会社の二つがあります。

家庭教師の費用について

家庭教師の費用について

家庭教師の費用は個人と業者で変わる

家庭教師の先生

家庭教師には個人契約と派遣会社の二つがあります。

費用の面を考えてみると、それぞれで費用が異なってくるので予算に合わせてどちらと契約をするのかを決めていったほうが良いでしょう。

個人契約の場合だと、大学生の家庭教師で時給2,000円から2,500円程度、プロの場合だと時給3,000円から4,000円程度だと言われています。

あくまでもこれらは目安であり、指導歴や学歴、実績などによって変動するので事前に確認が必要となります。

一方も、家庭教師派遣センターの場合だとそれぞれのセンターによって異なりますが、大学生で3,000円程度、プロで4,000円から5,000円程度といわれています。このように、個人契約の方が全体として安く費用を済ませることができる傾向にあります。

家庭教師に必要な費用はこれらの時給換算だけでなく、それ以外の料金やシステムなどが用意されている場合もあります。

最近主流となっているのがチケット制のものです。こちらは事前にチケットを一括で購入して、これらのチケットを消費しながら授業を受けるというスタイルになります。

もちろん個人契約でも家庭教師派遣センターの場合であっても用意されていることが考えられますので、時給制を採用するのか、チケット制を採用するのかなどの面も考えていくとまた費用に違いが出てきます。

もしもそれぞれの家庭教師で用意されている教材などを使用する場合は別途費用が必要になります。


おすすめLINK⇒ロボット・プログラミング教室★費用の比較 
子供の習い事で人気急上昇のプログラミング教室。ロボット教室ではロボットを楽しく作りながら、プログラミングの勉強もできます。 


費用が高い方がレベルの高い授業を受けられる?

費用に授業の内容は比例する

同じ家庭教師にもかかわらず、随分と時給や授業料に違いが出てくることも珍しくありません。

どうしてこのような違いが出てくるのかというと、一般的には教え方や指導歴、学歴、実績などによって料金が高くなっているケースが多いです。

やはり初めて生徒に勉強を教える家庭教師よりも、たくさんの実績を持っていて、多くの生徒を指導してきた人の方が安心して任せることができますよね。

また、受験や定期テストなどで良い成績を残すためのコツなども心得ていることが多いです。

基本的に大学生などアルバイトの家庭教師だとそこまで大きな金額の違いは出てくることはありませんが、ベテランのプロ家庭教師の場合だと教師によって大きな違いが出てくることも考えておきましょう。

最後に注意しておきたいのが、悪徳家庭教師も存在しているということです。

例えば、入会金を必要以上に多く取ったり、高額の教材を購入しなくてはならなかったり、有効期限が短いチケットを一括で購入させたりと様々な問題のある手口を使ってくる悪徳家庭教師も存在しています。

で必ずホームページなどで確認をすること、面接は納得がいくまで何度も繰り返すこと、契約書などの確認は隅々まで怠らないようにすることを意識しておきましょう。

もしも費用が高いけれど、それに見合うだけの付加価値があると判断した場合はその家庭教師を利用するのも良いでしょう。

次の記事の内容はこちら

家庭教師との接し方というのは実際に授業が始まってみないと分からない部分も大きいです。あれをしたほうが良いのか、これをしたほうが良いのかと悩むくらいであれば、いっそ何もしないというのも一つの方法です。

よくドラマや小説などで見かける「夕食はうちで食べていきなさい」といったフレーズ。家庭教師の方が授業に来た日は食事を出さなくてはならないと思っている方もたくさんいますが、決してそのようなことはないので安心してください。

また、家庭教師に対して必要以上に緊張するのも極力避けたいところです。家庭教師自身も緊張してしまいますし、それらの緊張というのは子どもにも伝わってしまうもの。

それで授業に影響が出てしまうとせっかく家庭教師を雇っているのに効果が薄れてしまうことも懸念されます。お茶屋お菓子を差し入れするといったのは「アリ」な部類に入ります。授業も1時間から2時間と続けて行うことも多いです。

また一部の保護者の方はお茶を差し入れするついでにきちんと授業をしているのかを監視するという目的も持っているようです。家庭教師との接し方というのは過剰に際する必要はありません。

また、必要以上にもてなすこともありません。こちらはあくまでもお金を支払って雇っている側の人間であるということを意識しましょう。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ