家庭教師とのトラブルというのは意外と少なくありません。

家庭教師とのトラブルを防止する

家庭教師とのトラブルを防止する

生徒側からのトラブル防止対策

家庭教師とのトラブルというのは意外と少なくありません。他人を自宅にあげるわけですので、どうしても何らかのトラブルに発展してしまう可能性もあるんです。個人契約の場合であれ、家庭教師派遣会社を利用した場合であれ、いずれにしてもトラブルが起こる可能性は考慮しておく必要があります。どちらかというと、個人契約の家庭教師の方がトラブルが多い傾向にありますので、もしもそのことに対して不満があったり、できるだけリスクを回避したいといった場合には最初から家庭教師派遣会社を利用したほうが良い場合もあります。

まず最初に考えなくてはならないのが、生徒と家庭教師の性別は一致させた方が良いということです。特に生徒が女性の場合だと男性の家庭教師では不安になりますよね。また、家庭教師が来る日は保護者の方ができれば在宅していたほうが良いでしょう。家庭教師とのトラブルで最も多いのはやはり人間関係について。学力の向上のために家庭教師を雇っているにもかかわらず、そことは関係のない部分でトラブルが起こってしまっては大変ですよね。リスクを少しでも減らすためにも、考えられることはきちんと対処しておくことが大切です。また大学生のアルバイトの家庭教師などに多いのですが、友達感覚でメールのやりとりをしたり、電話のやりとりをしたり、チャットをしたりといったことからトラブルに発展することも多いので、生徒自身が「相手は家庭教師である」ということを強く意識することも重要です。

保護者からのトラブル防止策

保護者がきちんと見守ってあげることでトラブルを回避する

家庭教師とのトラブルを防ぐためには直接授業を受ける生徒が意識をしなくてはならない部分も大きいのですが、やはりまだ未熟な学生である以上は保護者の方もまたトラブルに対してきちんと意識を持っておかなくてはなりません。まず始めに注意しなくてはならないのは身分証や学歴の証明書を確認するということ。特に個人契約の家庭教師の場合だと学歴詐称なども十分考えられますので、学生証や卒業証明証などの提示を求めるようにしましょう。さすがにわざわざ偽装する人はあまりませんが、念には念を。

また、保護者側で注意したいのが個人情報をできるだけ教えないようにするということ。きちんと本契約を取った後であれば良いのですが、打診している段階では極力個人情報は与えないほうが良いでしょう。また、家庭教師の自宅であったり、ファミレスや喫茶店などでの授業、いわゆる自宅外指導をしたいという家庭教師も中にはいます。これは基本的に断るのが正しいでしょう。もしも外出中に何かトラブルがあってもすぐに対処することができなくなってしまうリスクが高まります。特に生徒が女性の場合だとトラブルが怖いですので十分にご注意ください。

次の記事の内容はこちら

家庭教師を雇っていれば子どもの成績はぐんぐんがアップするというわけではありません。もちろん、これまでに勉強する習慣が全くなかった子どもからすれば随分と違いが出てくるかもしれません。しかし、家庭教師が自宅に勉強を教えに来る時間というのは限られています。勉強しなくてはならない時間というのはほとんどが家庭教師のいない時間になりますので、その間をどのようにして勉強に向かわせるかが成績アップの鍵となります。子どもが自主的に勉強をするのであれば良いのですが、そうでない場合は保護者の方も強力をする必要があるでしょう。

まず始めに注意したいのがどのような課題を受けているのかということを把握しておくことです。家庭教師に任せきりにしている保護者の方も多く、授業のない時間に課題を与えられているにもかかわらず、きちんとそれに取り組んでいるのかが分からないといったケースも十分考えられます。ですので、家庭教師とのコミュニケーションもしっかりととっておくことが重要です。また、勉強の目標を本人と約束することも大切。定期テストで何点以上取る、模擬テストで何位を目指すなどできるだけ具体的な話し合いをしておきましょう。もちろん、話し合いの結果を家庭教師に伝えることも大切です。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ