個人契約というのは、早い話が家庭教師派遣会社に所属していない家庭教師のことを言います。

家庭教師の個人契約のメリットとデメリット

家庭教師の個人契約のメリットとデメリット

個人契約をすることのメリット

家庭教師を選ぶときには個人契約(直接契約)を行うのか、家庭教師派遣会社に紹介をしてもらうのかのどちらかを選ぶ必要があります。 個人契約というのは、早い話が家庭教師派遣会社に所属していない家庭教師のことを言います。大きなメリットの1つとして直接契約であるため料金が安い傾向にあることが挙げられます。その他にも、授業の回数や時間の設定などに融通が利きやすいことなどが一般的に知られています。何かと都合をつけやすい家庭教師といえば個人契約だと思って間違いないでしょう。

その他にも、個人契約の大きなメリットの1つとして「優れた実績を持っている家庭教師が独立して家庭教師として活躍している場合もある」という点が挙げられます。例えば、有名な塾や家庭教師派遣会社で働いていた実績を持っており、経験豊富で、受験に関する知識や情報などもたくさん持ち合わせている個人契約の家庭教師の方もたくさんいます。実績や経験が他の方たちとは違うため、当然成績アップに繋がりやすく、それでいて家庭教師派遣会社以上に柔軟に対応してくれるわけですので非常に心強い存在だと言えるでしょう。もちろん必ずしもこのような家庭教師と巡り会うことができるかは探し方や運も絡んできます。

個人契約の家庭教師を探す前に

個人契約の家庭教師のデメリットも把握しておこう

では個人契約の家庭教師を選ぶときにはどのような点に注意しなくてはならないでしょうか。まず一つは、生徒にぴったりの家庭教師を探すことができるのかということです。最近ではホームページなどで比較的簡単に探すことができるようになっていますが、それでも家庭教師派遣会社を利用するのと比べると少し手間がかかると言わざるを得ません。また、契約の交渉自体も自分たちで進めていかなくてはならないので場合によってはすぐに始めることができないことも。その代わり余計な費用などがかからないことが多いようです。

その他にも、家庭教師の変更が難しいという点も覚えておきましょう。家庭教師派遣会社を利用すれば、万が一家庭教師と生徒が合わないと感じた時には家庭教師の変更をお願いすることができるかもしれません。しかし、直接契約の場合だとそう簡単に家庭教師を変更することは出来ませんので実際に授業を始めてみないと分からない部分も少なからずあります。また、指導方法や経験、実績なども個人個人で大きく異なってきますので面接などで十分に情報を引き出しておかなくてはあとで後悔することになる場合も。もしも経歴などをチェックすることができるのなら、塾や予備校などで指導をしたことがある経験を持つ家庭教師を選べば比較的安心できるのではないでしょうか。

次の記事の内容はこちら

家庭教師を頼むときに気になるのはやはり料金。相手も仕事として行っていることですので、ありとあらゆる方面から料金を請求してくることも十分考えられます。ホームページやチラシなどを見てみると基本的には授業料のことしか書かれていません。ですので、「ここの家庭教師は授業料がとても安い!」といって安直に決めてしまうのは避けるようにしましょう。一般的に必要だと言われている家庭教師を雇う上で必要な料金は、授業料に加えて教材、手数料、運営費、交通費などが挙げられます。塾などの場合だと交通費は自己負担になっていますが、家庭教師の場合だと料金の中に含まれているケースが圧倒的に多いです。家庭教師によっては住んでいる場所が違いますのでどれくらいの交通費が必要なのかはすべてが決定してから初めて判明することも。

ですので、授業料が安いからといって決めたのにトータルで見てみると結局料金が高くついてしまったということも十分考えられるわけです。家庭教師を選ぶときの重要なポイントはそれぞれの家庭教師業者ごとの料金を把握すること。そのためにも、どこか一つだけに絞るのではなく、複数の業者からヒアリングを行うことで見積もりを提出してもらうことが重要となってきます。チラシやホームページなどで紹介されている金額をそのまま鵜呑みにしないようにしましょう。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ