個人契約であれ、家庭教師派遣センターを利用する場合であれ、ある程度の流れというものがあります。

家庭教師を契約するまでの流れ

家庭教師を契約するまでの流れ

契約前の事前準備と面談は入念に

家庭教師を契約する場合、個人契約であれ、家庭教師派遣センターを利用する場合であれ、ある程度の流れというものがあります。 この流れの中できちんと家庭教師の質やどのような勉強方法を導入するのか、といったことを見極めていかなくてはなりません。そこでここでは、家庭教師と契約をする場合の流れについて確認していきたいと思います。まずは家庭教師を探す内の事前準備を行っていきましょう。家庭教師から指導を受ける場合の目標設定を先に決めておくと選びやすくなります。例えば、学校の成績をアップさせることが目的なのか、難関校への受験を見据えての家庭教師との契約なのかといったことを考えていきます。同時に、得意分野と不得意分野も把握しておきましょう。

ある程度事前準備ができたらどの家庭教師を利用するのかを検討していきます。 先程も紹介した通り、個人契約を利用するのか、派遣会社を利用するのかを決定していきます。 個人契約の場合だと料金がリーズナブルで柔軟性に優れている一方で、家庭教師の変更がききづらいというデメリットがあります。派遣会社の場合だと料金は若干高めの傾向にありますが指導経験やノウハウが確立している家庭教師が多いです。もちろん個人差がかなり強く出る部分ですので、それぞれ利用したいと思っている家庭教師からのヒアリングを怠らずに。ひとつに決めるのではなくいくつかの家庭教師とのヒアリングを行うのがポイントです。

家庭教師の質を見極める

家庭教師と契約をする前に面談と体験授業

どこの家庭教師を利用するかを決めたら、実際に面談を行っていきます。可能なら家庭教師と生徒、そして保護者の三者面談を行うのが理想的です。どのような実績を持っているのか、指導方針はどのようなものなのか、生徒と家庭教師の相性は良さそうなのかなどをここでしっかりと確認しておきます。また、授業のスケジュールや、料金についても面談の時点ではっきりとさせておく必要があります。同時にマナーや誠実さなども確かめて安心して授業を任せることができる家庭教師なのかも判断していきましょう。

最終チェックのために必ず体験学習を利用することをおすすめします。最近の家庭教師ではどこも体験学習が必ずといっていいほど用意されています。実際に契約をした場合は家庭教師と生徒が2人で勉強をしていくのですが、体験学習の段階だと保護者も同席したほうが良いと思います。どのような指導をするのか、実績に伴った授業ができているのかなどは第三者の視点からでないと分からないことも珍しくありません。体験学習を利用してみてこの家庭教師となら契約をしても良いと思えたら契約をする方針で話を進めていきましょう。もしも合わないと思ったら他の家庭教師を紹介してもらうか、全く別のところを利用してみましょう。

次の記事の内容はこちら

これから家庭教師と契約をしたいと考えている場合、いくつかのチェック項目を確認した上で契約を進めていくようにしましょう。まず最初に確認したいのはサポート体制が充実しているのかということ。家庭教師と勉強をしていると勉強に関する悩みであったり、システムに関する悩みであったりと様々な疑問が生じます。これらを家庭教師に尋ねても家庭教師自身がそれらを把握出来ていないこともありますので、別でサポート体制が取れているのかは必ず確認するようにしてください。また、注意したいのが高額な教材を購入しなくてはならないといったケースです。

悪徳家庭教師も少なからず存在していますので、お金に関するトラブルに発展しないようにこれらの確認も必要不可欠。また、意外と意識しない部分ではありますが、家庭教師派遣会社の実態が明確化というのも確認するようにします。ホームページなどで明記されていたとしても、それが正しいものとは限りません。本当に実績のある家庭教師なのかなどは口コミや体験談なども参考にするというでしょう。細かい部分を見ていくと、家庭教師の変更は可能なのか、こちらが希望する日時に授業を行うことができるのかといった点まで確認を取ります。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ