家庭教師を選ぶときにはできるだけトラブルや問題が起こらないようにしたいところです。

家庭教師を選ぶときのチェック項目

家庭教師を選ぶときのチェック項目

後悔のない家庭教師選びを実現するために

家庭教師を選ぶときにはできるだけトラブルや問題が起こらないようにしたいところです。

そこで、これから家庭教師を選んでいきたいと考えている方はこれから紹介していくチェック項目を確認した上で家庭教師選びを進めていくと良いでしょう。まず最初に確認したいのはサポート体制が十分に整っているのかということ。

家庭教師から授業を受けていると勉強に対する質問をする機会や、料金システムに関する質問など様々な疑問が出てくることもあります。

そのようなときにきちんとサポートを受けることができるのかというのは一番最初に確認すべきことだといっても過言ではありません。

また、事前に確認しておきたいポイントの1つに、高額な教材を用意していないかという点も挙げられます。

最近では悪徳家庭教師も増えてきており、最初に高額な教材を購入させておきながらまともに授業をしなかったり、場合によっては突然連絡が取れなくなってしまったりといったケースもあるそうです。

もちろん十分なノウハウやカリキュラムが用意されていて、その上である程度高額な教材を買わなくてはならないというのであれば別ですが、基本的に家庭教師では高額な教材が必要になることは珍しいといえます。

家庭教師業者の実態や身元は確実に

中小家庭教師派遣業者は特に事前のチェックが重要

家庭教師業者にも大手と中小がありますが、中小業者によくあるのが会社の実態が不明瞭であったり、家庭教師の身元がはっきりと分からなかったりといったケースがあります。

きちんと授業を行ってくれるのであれば問題はないかもしれませんが、いつ授業に来なくなるか分かったものではありません。

会社の実態などはホームページやチラシだけで判断するのではなく、あわせて口コミや体験談なども確認しておくと良いかもしれません。とはいえ、地方の家庭教師派遣業者などでは情報が十分に手に入らないこともありますのでヒアリングや面談で十分に注意を。

最後にチェックしたい項目は授業とは別の部分です。例えば、時間帯は指定することができるのか、曜日を指定できるのか、さらには生徒と家庭教師の相性が悪かった場合の家庭教師の変更は可能なのかなど細かい部分まできちんと確認を取るようにしましょう。

また、思ったように成績が伸びなかったため解約をしたいといったときに、一部の家庭教師では解約違約金を取るところもあるようですので、そのあたりも事前に確認を取ってトラブルに発展しないように注意しておく必要があります。

これらは面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、大事な子どもの成績に繋がることですので、事前の用意がとても大切になってきます。

次の記事の内容はこちら

塾や予備校などではなく、家庭教師を選んで勉強をするというのはどのようなメリットがあるでしょうか。

家庭教師を選ぶ事の最大のメリットはマンツーマンで徹底的な指導を受けることができるという点が挙げられます。

塾や予備校などだと大勢の生徒の学力に合わせて勉強を進めていきます。

そのため、少しでも分からなかったり、一度でも授業を休んでしまうとあっという間に周りの人たちにおいて行かれることに。

また、分からないことを分からないままにしてしまうのも塾や予備校の弱点だといえます。

しかし家庭教師なら、基本的にマンツーマンで授業を進めていくわけですので、得意なところを徹底的に伸ばしていくことができ、苦手なところを徹底的に見直すことができます。

これらを総合的に勉強していくことによって成績アップは間違いありません。

また、家庭教師を選ぶことのメリットの1つにじかに融通が利きやすいという点も挙げられます。塾などは毎週何曜日に通い、何時から授業が始まるといった風に細かく決まっていますが、部活動などがあるとどうしても通うのが難しいという方もいますよね。

家庭教師なら自分の好きな曜日や時間を指定することができます。

勉強をしたい、成績を伸ばしたいというモチベーションを伸ばしていくのに家庭教師という形は最良の方法だと言えるのではないでしょうか。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ