テレビCMなどでよく見かける家庭教師というのは基本的には家庭教師派遣業者のことだと思って良いでしょう。

家庭教師派遣業者の中から家庭教師を探す

家庭教師派遣業者の中から家庭教師を探す

家庭教師派遣業者の特徴

家庭教師派遣業者というのは複数の家庭教師が在籍していており、契約をするとそれらの中から生徒のタイプに合わせた家庭教師を派遣してくれるという業者です。 テレビCMなどでよく見かける家庭教師というのは基本的には家庭教師派遣業者のことだと思って良いでしょう。もちろん、テレビCMに出ているのは大手の業者となります。しかし地域に根づいた中小の家庭教師派遣業者もたくさんあり、一概に規模が大きいものほど良いというわけではありません。基本的なシステムは同じものとなっていますが、それぞれの家庭教師派遣業者によって特徴が異なってくるものです。

家庭教師派遣業者のホームページやチラシなどから申し込みを行うとそれぞれの業者から営業の人がやってきます。そこでどのような勉強の進め方をするのか、どういった教師を要望しているのか、日時はどうするのか、料金はどれくらい必要になってくるのかなど基本的な情報についての話し合いをすることができます。これをヒアリングといいますが、覚えておいて欲しいのが一つの家庭教師派遣業者で済ませるのではなく、複数の業者からヒアリングを取るということです。そうすることによって同じ料金システムでも内容が大きく異なってくる場合もあります。

家庭教師派遣業者を選ぶメリット

必ずしも大手家庭教師派遣業者が良いわけではない

家庭教師派遣業者を選ぶメリットとして、登録されている家庭教師の数が多いというのが強みになってきます。家庭教師は業者を利用するのか、直接契約をするのかに分けることができるのですが、業者を選ぶことによって登録されている教師の中から選ぶことができるようになります。学力や性格、さらには実績や現在の住所なども選択肢の中に考慮することができます。ですので、生徒に合わせた教師を探しやすい対応力の高さというのは家庭教師派遣業者ならではのメリットだといえます。その一方で、デメリットとして管理体制が甘い場合も考えられるということは考慮しておくべきでしょう。熟練の家庭教師もいれば、新米の家庭教師もいます。

「とりあえず大手を選んでおけば大丈夫だろう」と安直に考えるのは間違いです。中小の家庭教師派遣業者でも優れた実績を持っていたり、少数精鋭で運営を行っているところも少なからず存在しています。料金が大手とほとんど変わらないにもかかわらず学力アップに繋がりやすいのであれば間違いなくそちらを選んだほうが良いですよね。少数精鋭の業者ほど地域に根づいた運営を行っていることも珍しくありませんのでヒアリングの重要さが理解できるのではないでしょうか。ちなみに金銭面に関してですが、こちらは大手であろうが中小であろうがそこまで大きな違いはありません。ですが場合によっては教材などでお金がかかってくることも考えられますので検討しておきましょう。

派遣社員から正社員になるには?(20代女性の就職・転職ガイド)

次の記事の内容はこちら

家庭教師は大きく分けると学生家庭教師と、プロ家庭教師の2つがあります。実はそれぞれに特徴があり、これから家庭教師を雇いたいと思っているのであれば、どちらのタイプを選んだほうが良いのかを把握しておく必要があるでしょう。学生家庭教師の最大のメリットは授業料が安いということ。あくまでも学生がアルバイトとして家庭教師を行っているわけですので授業料がかなり安く済みます。きちんと勉強を教えてもらえるのか不安になる方もいるかもしれませんが、少し前まで現役の受験生だったわけですので、最新の体験談を交えながらきちんと指導してくれます。プロの家庭教師は確実に成績を伸ばす事、生徒に最適な学習プランを組むことに特化しているといえます。

家庭教師としてのキャリアが圧倒的に長いため、どのような勉強方法を取り入れるのがその生徒にとって最適なのかをすぐに見極めることができます。成績向上や志望校合格へのルートをきちんと示すことができるのはやはりプロならでは。また、プロの家庭教師は生徒のメンタルもきちんとケアしてくれることが多いようです。このように、同じ家庭教師でも教える人の属性によって大きく内容が変わってくる場合もありますので、事前にきちんと検討しておくようにしましょう。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ