学校以外で勉強をするとなると学習塾に通ったり、家庭教師を選んだりといった選択肢が出てきます。

家庭教師がおすすめな生徒

家庭教師がおすすめな生徒

生徒によって最適な勉強スタイルが違う

塾より家庭教師が向いている、おすすめの生徒のタイプとは?

学校以外で勉強をするとなると学習塾に通ったり、家庭教師を選んだりといった選択肢が出てきます。 もちろん、参考書などを購入して自習するのも大事ですが、なかなか勉強の習慣が身につかないという場合は塾や過程教師などを選ぶのが一般的です。

多くの方たちは学習塾を選択することが多いかと思いますが、必ずしも生徒のことを考えると学習塾が正解とは限りません。 場合によっては家庭教師のほうがずっと成績アップに繋がりやすくなるということも視野に入れておく必要があるかと思います。

例えば、部活動などであまり時間に融通が利かないといった場合だと学習塾よりも家庭教師のほうがずっと良いでしょう。

学習塾の場合だと授業がある時間や日にちが決められているため、部活動をしているために塾に通うことができない、あるいは部活動を諦めなくてはならないといったことも十分考えられます。

しかし、家庭教師の場合だと部活動などで遅くなってしまった時でも時間に融通が利きやすいことが多いですし、そもそも時間帯をこちらで指定することができますので安心して部活動などに打ち込むことができるというのは大きなメリットの1つだといえます。

性格によっても家庭教師がおすすめ

おとなしい子や受け身主体の生徒は家庭教師が良い

学習塾となると周囲にはたくさんの生徒がいますので、どうしても塾になじむことができなくてあまり勉強に打ち込むことができない、グループ学習が苦手だという方もたくさんいます。そのような場合だとかなりの苦痛を伴いながら勉強をすることになりますので学力アップに繋がりづらいのはもちろん、勉強そのものが嫌いになってしまうことも。塾などの場合自分が分からなかった場所は先生に尋ねなくてはなりませんが、周りの生徒に「こんなことも分からないの?」と思われるのが嫌で質問することができないという生徒も少なからずいます。

また、マイペースで、受け身で主体性のない生徒の場合だと言われた課題だけをこなしていけば良いと思っていることも多く、そのような場合だと自分の得意な分野や、苦手な分野を見つけづらくなる傾向にあります。家庭教師の場合だとマンツーマンで勉強を指導していくことになりますので、家庭教師が得意な分野や苦手な分野などを発見することができる、生徒にぴったりの課題を指導することができるようになるといったメリットがあるため、一人ひとりに合わせた学力向上プログラムを提案することができるようになっています。このように、学習塾と家庭教師とでは勉強の仕方の性質が大きく異なってきますので、生徒がどのような目標を持って勉強に取り組んでいるのか、それをどのようにすれば達成させることができるのかを考えてどのような勉強方法を採用するのかを検討してみましょう。

おすすめロボット教室

次の記事の内容はこちら

家庭教師は自宅に他人を呼んで勉強を教えてもらうという授業スタイルなわけですので、様々なトラブルのリスクをはらんでいます。基本的にはいずれも真面目な方たちばかりですのでそこまで不安に感じることはないかもしれませんが、トラブルが無いにこしたことはありませんよね。まず始めに注意したいのが、生徒と家庭教師の性別を一致させるということです。生徒が女性の場合だと特にこのあたりは注意しておきたいところ。その他にも、自宅外指導についても十分な注意が必要です。

家庭教師であるにもかかわらず、喫茶店やファミレス、家庭教師の自宅などで指導をしたいといった場合は絶対に乗ってはいけません。自宅外指導はトラブルの大きな原因のひとつとなっています。これらのほかにも、打診段階では個人情報を極力与えないようにすること、生徒は家庭教師と個人的なやりとりはできるだけ控えるようにすることなどもトラブルを回避する上で重要なポイントとなってきます。特に大学生のアルバイトの家庭教師など年齢が近かったり、親しみやすい人とプライベートな関係になりやすく、そこからトラブルに発展することも十分考えられます。極力トラブルを避けたいという場合は個人契約の家庭教師よりも家庭教師派遣会社の方が良い場合もありますのでそのあたりも視野に入れておきましょう。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ