学習塾などで勉強をするとどうしても周りの生徒たちと遊びたくなる気持ちもありますよね。

家庭教師と通信教育の違いと特徴

家庭教師と通信教育の違いと特徴

家庭教師と通信教育は似ている部分が多い

自宅での学習方法を考えてみると、家庭教師を雇うのか、通信教育を利用するのかというのが一般的な選択肢になってくるかと思います。

ここで家庭教師と通信教育の特徴を考えてみると、両者には似通った部分がいくつかあります。

まず始めに挙げられるのがいずれも家にいながら勉強をすることができるということ。

わざわざ塾などに足を運ばなくても良いですし、比較的自分たちにとって都合の良い時間に勉強をすることができるようになっているため、部活動と両立しやすいというのも両者の大きな特徴の1つとなっています。

また、集団が苦手だという生徒や、周りに人がいると勉強に対して集中することができないといった生徒に対しては1人でじっくりと勉強に取り組むことができるというのは家庭教師と通信教育の大きなメリットだと言えるでしょう。

学習塾などで勉強をするとどうしても周りの生徒たちと遊びたくなる気持ちもありますよね。

必ずしも全員が目標に向かって一生懸命勉強をするために塾に通っているとは限りません。

確実に勉強をすることを考える、そして勉強をする習慣を身につけることを考えると家庭教師を雇うこと、通信教育で勉強をすることは理にかなっているとも言えます。

通信教育が持つデメリット

通信教育はフォロー体制が弱い

家庭教師と通信教育の性質が似ている部分を考えると、できるだけ料金が安い通信教育を選びたいという保護者の方もいるかもしれません。しかし、通信教育には家庭教師にはないデメリットがいくつかあることも考えておく必要があります。まず一つが、教材だけで完全に理解するのが難しいということです。通信教育で採用されている教材というのはとてもコンパクトに、それでいて分かりやすくまとまっているものではありますが、生徒の学習レベルによってはなかなか理解することの出来ないものも少なからずあるものです。最近では教科別にレベル別けをしている通信教育もありますが、すぐに質問をすることができる家庭教師と比べるとデメリットが強く出てきてしまいます。

また、得意な分野や苦手な分野を見つけづらいというのも通信教育の大きなデメリットの1つとなっています。生徒によって得意な分野、苦手な分野というのは少なからず出てくるものです。しかし、通信教育の場合だと教科別にレベル別けを設定することができることの方が珍しいですし、難しすぎたり、逆に簡単すぎたりすると学力アップには繋がりづらいでしょう。家庭教師の場合だとマンツーマンで授業を進めていくため、生徒にぴったりの勉強を指導することができるようになっており、得意な分野をより得意に、苦手な分野をフォローすることができなります。

次の記事の内容はこちら

家庭教師には個人契約と家庭教師派遣会社との契約の2種類に分けることができます。個人契約の良いところは料金が安いということ、授業の回数や時間帯などに融通が利きやすいということなどが挙げられます。その一方で、個人契約の家庭教師を選ぶときには次のような点に注意しなくてはなりません。まず一つ挙げられるのが自分で探さなくてはならないということ。家庭教師派遣会社なら比較的簡単に契約を結ぶことができますが、個人契約の場合だとホームページなどを探さなくてはならなかったりと少し手間がかかります。また、一度契約を結んだら家庭教師の変更がとても難しいということも覚えておきましょう。

その他にも、どのような指導方法で勉強を進めていくのか、どういった経験を持っているのか、実績があるのかといったこともきちんと面接で確認しておくべきです。個人契約の家庭教師を探す際には過去の経歴や指導実績などを重視しておくと比較的安心することができるのではないでしょうか。面接をする時には本人の身元確認は確実に行うようにします。また、もしも学生との個人契約の場合だとテスト期間中の授業についても必ず打ち合わせを。よくあるトラブルがテスト期間中と生徒の受験シーズンが重なってしまうため授業ができない、ということがあります。


家庭教師について

家庭教師の魅力

家庭教師を選ぶときのチェック項目について
塾や通信講座よりも家庭教師を選ぶメリット
人材派遣業者から家庭教師を探す場合について

家庭教師の良さ